ワークショップフォト part.3

ワークショップフォト6明るい写真を撮りたいとき、ストロボ光量の調節やカメラ機能の露出補正だけでなく、被写体と光の距離を考慮して、反射板(レフ板)を使用すると、全体的に明るく、色鮮やかな写真が撮れます。(当日は手作りレフを使用)

Category: BLOG, ENTRY, Photo Permalink . コメント or leave a trackback: トラックバック URL.

ご連絡・お問い合わせ・コメントはこちらから

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)