ホワイトバランス(色温度)〜 白色蛍光灯 〜

前回の「ストロボ下」のホワイトバランスに続き、今回は「白色蛍光灯下」でのカメラの各ホワイトバランス設定で、撮影時の被写体の色を比べてみます。

「色温度」とは、光源から発せられる光の色を数値化したもので、単位は「k ケルビン」と表します。
色彩やインテリア、照明、デジタルカメラ撮影など、様々な分野に「色温度」は欠かせないものであり、パソコンのディスプレイや店舗などの照明など、身近な電化製品の表示にも使用されています。

ただ、前回からのタイトル「ホワイトバランス(色温度)」ですが、あくまで撮影時のカメラ設定の言葉としてお考えください。
少しややこしいですが本来は「色温度」=「ホワイトバランス」ではないことをご了承ください。

では色温度がよく使用される屋内照明としての例(おおよその色温度)を挙げてみます。

白熱灯……..約3000k
白色蛍光灯…..約4200k
昼白色蛍光灯….約5000k
昼光色蛍光灯….約6500k

色温度が低いほど、光の波長は赤みがあり、高いほど青くなります。
晴れた日の野外で撮影の場合、太陽光線は5500kと判断し、ホワイトバランス設定をします。

余談ですが、先日パーソナルカラー専門の方々とお会いしたとき、診断する室内の光源(色温度)をとても気になさっていました。
色彩関係の仕事では当然のことですが、その方々が光源と空間の広さをスタッフの方に指示されていたことで、仕事への姿勢と信頼が伺えました。
(実際ここまで気にしない方もいらっしゃいます)
白ではないのに、白に見えてしまう錯覚や思い込みから、間違った判断をしないよう、常に色温度と密接に関わる方々は私も含めて注意と理解をしなければいけないな・・・と思っています。

下記のテストは、カメラのホワイトバランス設定と光源の色温度の関係を理解し、前回のストロボ下での撮影と見比べていただくために記載しました。
光源は白色蛍光灯
色温度は4200kくらいです。
カメラのホワイトバランス設定名(写真下に記載)

カメラ:富士フィルム Fine Pix S2 Pro
レンズ:Nikkor 50mm f1.4
露出モード:絞り優先
絞り:f5.6
シャッタースピード:1/4
露出補正無し

オート

 

昼光色蛍光灯

 

昼白色蛍光灯

 

白色蛍光灯

 

白熱灯(タングステン)


いかがですか?
ストロボ下では「昼白色蛍光灯」のホワイトバランス設定で、白い被写体が白として撮影されました。
それはストロボの発光色が5200kで「昼白色蛍光灯」の色温度と近いからです。
「白色蛍光灯」では、ホワイトバランスを「白色蛍光灯」もしくは色温度設定を4200kに設定すれば、白い被写体は白として撮影されます。
そして、前回の白として撮影された「昼白色蛍光灯」では黄色みの写真となります。



Category: LESSON Permalink . コメント or leave a trackback: トラックバック URL.

ご連絡・お問い合わせ・コメントはこちらから

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)