ホワイトバランス(色温度)〜 応用 〜

今回は光源の色温度、カメラ側のホワイトバランス設定によって、被写体の色の変化がイメージカットに応用されることの例として、3カット掲載します。(注:あくまでもテスト写真です)

光源、ホワイトバランス設定、またシャッタースピードなどカメラ設定を、想像してご覧ください。
カメラ、レンズは同じ機種です。

下記 基準設定
カメラ:富士フィルム Fine Pix S2 Pro
レンズ:AF Micro Nikkor 105mm f2.8
露出モード:マニュアル
絞り:f16
シャッタースピード:1/125
露出補正無し
光源はストロボ
色温度は5200kくらいです。(アンブレラとトレーシングペーパーによるディフューザー使用)


下記 応用3例

上記の写真を見て分かるように、商品のロゴや影の出方など、光源の色温度やカメラ設定で、様々なイメージカットに応用することができます。
知っていると、写真の撮り方も幅が広がると思います。

Category: LESSON Permalink . コメント or leave a trackback: トラックバック URL.

ご連絡・お問い合わせ・コメントはこちらから

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)