LESSON

ホワイトバランス(色温度)〜 応用 〜

香水1

今回は光源の色温度、カメラ側のホワイトバランス設定によって、被写体の色の変化がイメージカットに応用されることの例として、3カット掲載します。(注:あくまでもテスト写真です) 光源、ホワイトバランス設定、またシャッタースピードなどカメラ設定を、想像してご覧ください。 カメラ、レンズは同じ機種です。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

ホワイトバランス(色温度)〜 白色蛍光灯 〜

昼白色蛍光灯

前回の「ストロボ下」のホワイトバランスに続き、今回は「白色蛍光灯下」でのカメラの各ホワイトバランス設定で、撮影時の被写体の色を比べてみます。 「色温度」とは、光源から発せられる光の色を数値化したもので、単位は「k ケルビン」と表します。 色彩やインテリア、照明、デジタルカメラ撮影など、様々な分野に「色温度」は欠かせないものであり、パソコンのディスプレイや店舗などの照明など、身近な電化製品の表示にも使用されています。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

ホワイトバランス(色温度)〜 ストロボ 〜

昼白色蛍光灯

デジタルカメラには「ホワイトバランス」という機能がついています。 身の回りには様々な光源(太陽光、蛍光灯、白熱灯など)があります。 その中の、ある光源下で撮影する場合、一番適した色を出すために調整する機能が「ホワイトバランス」です。 例えば「白い被写体」を撮る場合、視覚的な「白さ」と、写真にしたときの「白さ」を同じにする機能のことです。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

スタジオライティング

ライティング設定

全国には有名なカメラスタジオがたくさんあります。 また、高名なカメラマンやスタイリスト、デザイナーが常駐、または契約しているスタジオもあります。 私も基本、スタジオでの撮影を行っています。 今回は被写体の大小問わず、スタジオでの撮影に必要最低限なくてはならない機材があるので一部ご紹介します。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

フレーミングと構図 〜 まとめ 〜

_DSC0098

「フレーミングと構図」のまとめです。 自分なりに「フレーミングと構図」を再度見直してみて、やっぱり写真の基礎って大事だな・・・と思いました。 特に「フレーミングと構図」は、立ち会い撮影で一番最初にお客様に提案するので、この基礎がないと撮影時の進行も遅くなります。 また、撮影者はお客様が望んでいる「最高の仕上がり」ために、被写体によっての「フレーミングと構図」の多様化を理解しないと、ワンパターンな写真しか撮影できなくなってしまいます。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

フレーミングと構図 〜構図 ②〜

主役以外の小物を被写体とする場合

構図編の第二弾です。 前回は被写体の向きによって、どう商品の印象が変わるかの実例写真を載せてみました。 今回は、主役商品の他に小物を被写体として入れた場合、どのように構図を決めるかのパターンを紹介したいと思います。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

フレーミングと構図 〜構図 ①〜

被写体に角度をつけた場合

前回まで「フレーミング」とは・・・という形で写真も交えて紹介いたしましが、今回からは「構図」についてです。 「フレーミング」と「構図」は打ち合わせの内容に必ず絡んでくる言葉です。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

フレーミングと構図 〜フレーミング ③〜

被写体を上から撮影

被写体を3パターン、切り撮って、背景をピンク色にしてみました。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

フレーミングと構図 〜フレーミング ②〜

縦位置で撮影

お客様から「紙面で使用する際、商品イメージが変わらないように縦位置、横位置の両方撮ってください」と依頼されることがあります。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個

フレーミングと構図 〜フレーミング ①〜

ハチミツ商品のイメージカットとして

写真用語で「フレーミング」と「構図」という言葉があります。 美術関連の教本などでも、必ず「構図がどうの・・・」とありますが、写真撮影時に「構図」と「フレーミング」の意味を逆に考えている方がたまにいらっしゃいます。

カテゴリー: LESSON | コメント / トラックバック: 0個